南ドイツ、ノイシュヴァンシュタイン城へ行ってきた

一晩前のローテンブルグよりは時間は掛からない。

と言っても2時間30弱で電車、バスの乗り換えもある。

 

Fussenに近づくにつれ、アルプスが見えてくる。

これはけっこう良いよ!!

 

でも城自体はー。。まぁ結論から言うと、ローテンブルグの方が全然良かった。

その理由も含め、書いていくねー。

 

駅から降りた後、バスは絶対乗って!!

人は多いと思うが、Bayernチケットの範囲内だし、乗らなかったら絶対後々後悔する。

だってさ、バスから降りてもそこからけっこうキツイ坂を20-30分歩かないといけないんだぜ!

f:id:hamuhamukun:20170305175258j:plain

ほら、あんな遠くに聳え立ってる。

 

馬車も走っているが、それも坂の途中までで、最後の部分は歩かんといけん。

老人とかにはここはかなり無理がある。

 

そんで城のチケットだが、事前に買った方が良いかなー。

と言っても列に並んだのは30分くらいだった気するからそんなに悪くもない。

あと事前に買ってたら近くの湖までは行かなかっただろうな~。

ここ、けっこう綺麗だったんだよ。

あと2月半ばだったけど凍ってた!

 

f:id:hamuhamukun:20170305174302j:plain f:id:hamuhamukun:20170305174454j:plain

氷に乗ってる人もけっこういた。

下手したら氷水にぼちゃんだからこの行為ってちょっと怖いじゃん。

でもこの氷はね、めっちゃ厚かった。

こんなに厚いと落ちる方が珍しいよ。

 

城の話に戻ろうか。

坂を登った後はこんな感じ:

f:id:hamuhamukun:20170305200719j:plain f:id:hamuhamukun:20170305200806j:plain

うん、小奇麗な感じだね。

hamuhamukunには新しい城とかって響かないの。

古くて汚い城とかの方が気持ち上がる。

それ故の低評価ってのも大きい。

 

あとこの城って実は未完成で、今も工事中だったりもする。

そこもなんか歴史を感じないよ。

 

うちらは14時25分のオーディオガイドのグループで入った。

これは自動で再生されるもので、ヘッドフォンがあれば繋いだ方が良いかも。

(ヘッドフォンがなければずっと方耳で聞くことになる)

 

中ではルードヴィッセ2世の暮らしが垣間見れる。

あと彼が聖杯の話にご執心という事と、色んなものをパクって内装に反映させたという事が分かる。

 

ツアーの後は絶景が見れる。

f:id:hamuhamukun:20170305202419j:plain f:id:hamuhamukun:20170305202445j:plain

このために入館した気がする。

 

以上、ノイシュヴァンシュタイン城でした~。

 

ちなみにFussenの町はこんな感じ:

f:id:hamuhamukun:20170305202744j:plain f:id:hamuhamukun:20170305202803j:plain

次の電車まで時間があるならちょっとふらっと見に行くのも良いかも。

 

 

 

 

 

 

南ドイツ、ローテンブルグに行ってきた!

ミュンヘンから行ったんだけど、これねぇ、遠いよ!!

行き乗り換え4回、帰り3回。

片道3時間30弱!!あわわー、泡ふくレベルだぜー

 

その日の朝に“よし、ここ行こう!”ってなったから行ったが、普通に計画立てるなら外すよね。笑

でもね、行って良かった!!

正直、次の日に行ったノイシュヴァンシュタイン城より良かったと思う。

 

Rothenburg ob der Tauber

ロマンティック街道に属するローテンブルグ。

可愛い感じの家と街並み。

f:id:hamuhamukun:20170301080500j:plain f:id:hamuhamukun:20170301080559j:plain 

そして市壁に囲まれている!!

進撃の巨人の調査兵団が帰ってきそうだ!

(実際こんなとこから帰ってこないし、舞台はネルトリンゲンと言われているが)

f:id:hamuhamukun:20170301081635j:plain f:id:hamuhamukun:20170301081707j:plain

この市壁を駆け回るのもわりと楽しかった。笑

で、ここでちょっと歴史を挟もう。

 

第2次世界大戦時、この街は空爆を受けている。

その際、300以上ものの建物が壊され、壁も600m以上崩された。(全体の約45%)

完全に破壊されてもおかしくはなかったが、アメリカ長官が降伏するよう話し合いに行き、そこに配属されていたドイツ軍守備隊長はそれに応じたのだ。

 

再建の寄付は全世界から寄せられ、市壁に寄付者の名前が貼られている。

日本からも意外に多かった。

面白いのもあるぞー。例えばこんなの:

f:id:hamuhamukun:20170301085358j:plain f:id:hamuhamukun:20170301085424j:plain

年代も随分違う。

 

中世犯罪博物館

友達が“拷問ミュージアム 、拷問ミュージアム”言うからそうなんだと思ってたけど、犯罪ミュージアムだったのね。

“拷問。。うわー、後味悪そう”とか思ってたけど、けっこう面白かった!

 

ただし、やっぱ拷問の部分は胸糞悪かった。

何がって、拷問の目的が自分は罪を犯しましたって吐かせるためってとこ。

ようは冤罪でも積んでる。

認めなければ拷問はやったと証言するまで続くし、やったと言えば死刑が与えられる。

もちろん、拷問中死ぬものも少なくない。

何が法だ。

 

ただ面白かったのが、犯罪に対する処罰。

その中でも興味深かったのが恥辱刑。

 

ようは公共の場で笑いものにする。

目的は犯罪を繰り返さないようにする事。

社会の中で暮らす人間にとっては以外に効果的かも。

(小さい街なら尚更)

 

そしてやり方も様々。

f:id:hamuhamukun:20170302062905j:plain f:id:hamuhamukun:20170302062552j:plain

 右の写真の、前方で樽に入っているのと首かせをしているのが一部の例。

あとこれね。

f:id:hamuhamukun:20170302063218j:plain f:id:hamuhamukun:20170302063143j:plain

様々なお面があり、男性用、女性用と分かれていたりもする。

これを付け、立たされたらしい。

ちなみに一番左が女性用。

センス良いのもあるよねー。笑

 

あと一つ非常に面白かったのが死刑執行人の事。

まずマントを羽織り、仮面を被る。

f:id:hamuhamukun:20170302063612j:plain f:id:hamuhamukun:20170302063635j:plain

マントはまあ、わかるとして、何故お面を被るか!?

中世では悪魔や呪いが存在すると思っていた。

で、死刑を言い渡された人は処刑場にて、表情で呪いをかける事が出来ると信じていたのだ。

 

だからこのお面は自らを守るためのもの。

姿形はまた様々でこれはその一例。

また、死刑執行人は呪って欲しくないという想いから、必ず許しを請うていたという。

 

まとめ

めちゃめちゃ遠いものの、行って良かった!!

可愛いし、すべてが新鮮だった。

おすすめの街です。

ミュンヘンへ行ってきた 2/2 食事編

食事編

いやー、ドイツはソーセージもビールもうまい!!!

あと連れがいるなら、ドイツの料理って基本量が多いからシェアで充分。

すなわち、値段もだいぶ安くなるぞ!

 

Landhaus 4.5/5

なんか一番印象に残ってて、“美味しい~”ってなったのは初日に食べた初ソーセージ。

雰囲気の良いパブがあったからふらっと入っただけだったけど、ほんと正解だった!!

 

f:id:hamuhamukun:20170225030129j:plain

4種類のソーセージに4種類のマスタード(一つはHorseradishな気はするが)

普通の、ちょい辛、辛いのとチーズ入り。

ビールは他の方がうまいのあったけど、驚くくらい安かったし全部うまいし、もう大満足だったー。

お昼にめっちゃお勧め!!

 

Hofbrauhaus 3.5/5

おそらく観光客は絶対行くであろうこのBeer hall。

すごく広く、時々生演奏もあって盛り上げてる。

ここは雰囲気が一番の売りだと思うから、可能なら真ん中のホールに座った方が楽しめると思う。(もちろん一番ガヤガヤしてるけど)

 

f:id:hamuhamukun:20170225223650j:plain f:id:hamuhamukun:20170225223716j:plain

 

雰囲気を最大限に楽しみたいなら1Lのビールとお姉さんが売ってるでかいプレッツェルも買うと良いでしょう。

ただ両方共、デカイだけで味はそんなに良くないからそこは注意。

(プレッツェルはメニューに載ってる小さい方が全然美味しいし、ビールも同じだろう)

雰囲気とかどうでも良くて、落ち着いて食べたいのであれば、他へ行こう。

 

Haxnbauer 4/5

ここは上記のBeer hallとうって違って、おしゃれなレストランという感じ。

頼んだものはPork Knuckleの1/2、二人でシェア。

(白い目で見られたが)

レビューで量が多いと書いてあったから1/2をシェアにしたわけだが、正解だった!

だって見てよこれ。これが1/4だぜ!!

 

f:id:hamuhamukun:20170225225406j:plain f:id:hamuhamukun:20170225225339j:plain 

 

肉はめっちゃ柔らかい。

そしてこの皮がhamuhamukun的にはめちゃめちゃうまい!!

ビールと超合う。

 

ただマイナスなのは付け合せ。

ずっと食べてると若干飽きるし、重い!

もっと口の中を中和してくれるものが欲しかったなー。

 

いやーしかし、30間近のおっさんには1/2を一人でとか無理だわー。

 

Paulaner im Tal 4.5/5

ここはまた昼に良いとこ。

ビール製造もしてるとこのレストランみたい。

 

で、何故昼に良いのか。

それは南ドイツ名物の白ソーセージ(Weißwurst)をプレッツェルとビール、セットで頼めるから!!

美味しい三点セット、€10以下!幸せですな~。

伝統を守って昼の12時までしか出していない点は注意してね。

f:id:hamuhamukun:20170225231552j:plain f:id:hamuhamukun:20170225231623j:plain

 

なんでか分からんが、Weißwurst、特に期待はしてなかった。

でもこれも美味しかった~。

なんかレモンっぽい味もして、柔らかめ。

 

他のソーセージとまた全然違う!食べるべき!!

皮はちゃんと剥いてねー。

 

Nuernberger Bratwurst 4/5

最後になる。

肉屋の自家製ソーセージをグリルしているとこ。

 

f:id:hamuhamukun:20170225233131j:plain

 

濃い味のソーセージ。

ソーセージ自体は他の方が好みだった。

 

が、ビールはキンキンに冷えてて、Sauerkrautと相性抜群!!

書いてるだけでまた食べて飲みたくなってきた。

ヨダレがーー。

 

ただ減点はある。

サービス(態度悪かった)と値段もちょっと高めな印象を受けた。

 

最後に

ドイツのソーセージ最高!!!

ただ現地の人はほとんど食べないみたい。

 

あとドイツ人、よく食うわ~。

量多い。笑

 

 

 

ミュンヘンへ行ってきた 1/2

hamuhamukun、ミュンヘンに行ってきたー。

1/2ではミュンヘン、2/2では食事、あとローテンブルグ、ノイシュヴァンシュタイン城について別々で書こうかと!

 

ではではミュンヘンから。

いっくぞーーー。

まず結論から始めて、行った場所と食事を紹介して行くよ。

 

結論

ミュンヘンは2日あれば充分だと思う。

 

中心の方にあるもの(新旧市庁舎やフラウエン教会)は徒歩圏内。

もうちょっと離れている所にはニュンヘンブルグ城、ダッハウ強制収容所や博物館がある。

 

ただ中心にある観光名所のために行かなくても、ほぼ間違いなく見る事になるはず。

理由は“ミュンヘンで美味しいものを食べたい!”となれば、Marienplatz(マリエン広場)に行く事になるから。

 

となると、そこまでミュンヘンで長居する必要性はないだろう。

遠出した方が良いよ!!

 

新旧市庁舎

結論でも言っているが、ここはかなりの頻度で通り過ぎる事になるだろうからここのために行く必要性はまったくない。

昼飯・夕食後に時間が合えば仕掛け時計の人形が動くのをみても良いが、人形がクルクル回るだけのもの。

ちなみに、hamuhamukunが行ったのは昼の12時だったが、12時5分に始まり、その5分後に終わった。

夜の新旧市庁舎がわりとカッコ良かった。

f:id:hamuhamukun:20170225005641j:plain f:id:hamuhamukun:20170225005555j:plain

ダッハウ強制収容所

ドイツでは一番大きい強制収容所だったみたい。

(設計的には6000人収容できるのだが、実際にはその倍くらい入れてたとさ)

第一次世界大戦前の1933年に作られ、当初は政治犯を収容するのが目的だったみたい。捕らえたソビエト軍は射殺だが、他の捕虜の多くは少しの間だけ入れられていたらしい。

初めはそこまで悪くなかったものの、40年代を境に収容所も格段に増え、非人道的な行いは悪化した。

歴史が学べて面白かった。が、英語が苦手な人にとってはあまりお勧めはできないかも。(日本語のオーディオ・ガイドもないみたいだし)

f:id:hamuhamukun:20170225011410j:plain f:id:hamuhamukun:20170225011333j:plain

 

最後に

街並みが見たければ、個人的に良かったのはOstbahnhofから中心に向かう道。

歩きだったから正確に何処とは言えないけど、こっちの方はめっちゃ閑散としてて、のどかな感じだった。

f:id:hamuhamukun:20170225030834j:plain

 

おすすめゲーム&アニメ - 2017年2月

hamuhamukun、おすすめしたいものがあります!

それはこの二つ:

(まだコンプしてはいないが)

 

EVE Burst error (ゲーム-PS Vita)

クズの本懐   (アニメ)

 

EVE Burst error

 

初めて発売されたのが1995年。

でも面白い!!古いものを侮っちゃダメだね。

こんなゲーム今ないと思う。

 

大人の推理アドベンチャーゲームって感じかな。

話が面白いだけじゃなく、センスもすごい良いんだよ~。

こんな感じで(笑):

f:id:hamuhamukun:20170219014541j:plain

 

PS Plusで現在配信中。

【PS Plus】配信中のフリープレイタイトル一覧 | PS Plusで楽しもう!

(PS Plusの説明もある)

 

マジでおすすめだし、今がチャンス!!

だってこれAmazonで6,000円くらいだべ。

それをたったの514円で購入できちゃう!

(これは一ヶ月の金額で登録した期間しか遊べないが)

 

でも本当、これを逃したら遊ぶチャンスはないと思うので、是非是非!!!

 

クズの本懐

 

禁断な愛ものだと思っていたがそんなんじゃなかった。

もっと過激!そしてこれを地上波で流しているーー、うおーーーーって感じ。

冒頭のオープニングまでの3分強で内容が分かるから興味ある人はそこまで見てみて。

 

ノイタミナ枠。

最近のはちょっと微妙だと思っていたが、ここで挽回か!?

アニメ製作会社も知らないのだが、素晴らしい。

作りが非常に良いと思う。

 

だって漫画原作をネットで試し読みもしてみたけど、これはアニメの方が良いかもって感じたもん。

そして音楽!これも良いんだなー。

 

見ながらふと、“あれ、この盛り上げ方はどっかで聞いた事あるぞ”と思って調べてみたらやっぱり。

"四月は君の嘘”と同じ音楽担当の横山克さんだった!!

("四月は君の嘘”も本当に素晴らしい。hamuhamukunのトップ3アニメに入る)

 

所々キャラの性格の落差に少し違和感を感じたり、話が飛んだりする気もするものの、作りと音楽が良いからそこはスルーできる。

 

まあ、まだ終わってないから最終的にどういう作品に仕上がるのかわからないが、今のところ、良い感じです!

で、最終的に微妙になったとしても、少なくとも言えるのは、“こんな題材でこんな過激なアニメはレアだぞ!!”

 

最後に今期だとhamuhamukunは“正宗くんのリベンジ”、“3月のライオン”と“鉄血のオルフェンズ”も好きですな~。

 

 

ココロコネクトから学ぶ「自分」

 

ココロコネクト見終わった!全17話。

文化研究部4人が試練に立ち向かって成長する物語。

展開も良く、深いし、すごく良くまとめていた!!

 

文化研究部の一人、

永瀬伊織と彼女が抱えていた「自分」に対しての疑問について話そうと思う。

 

永瀬伊織の悩みと「自分」に対して

*ネタバレがほとんどないように書いているつもり*

 

この作品で伊織が常に気にしていた事がある。

それは人の好みに合わせて、人格を変える自分がいる事。

そこで人格入れ替わりが起こった。

すると、“これが自分だ”と言える人格がない伊織はとてつもなく怖くなった。

 

すごく哲学的な事だと思うが、要するに、彼女の悩みはこうだ:

これを読んでいるあなたがいます。

あなたは日々、友達、知り合い、家族、他人、多くの人と接しています。

ではあなたに近い人間、彼らはどうやってあなたを認識しているのでしょうか。

 

容姿。これは欠かせないでしょう。

目に入ってくるものなので当然。

 

では中身の意識・魂が他の人と入れ替わるという現象が起こりました。

そこであなたは自分に近い人間と再び会いました。

正体をばらさずにとめどない会話を5分したとしましょう。

他人の殻を被ったあなたを彼らは正しく認識する事ができるでしょうか。

もっと単純に言い換えると、容姿なくして、他の人はあなたを認識できるだろうか。

 

うわー、深い!!

「自分」について考えさせられるよねー。

 

また、この作品でもう一つ哲学的な部分が最後の話にある。

それは人は誰しも、他の人を型にはめようとする習性がある事。

そしてそれは自分に近い人物であれば、尚更そうかもしれない。

 

要するに、自分も他人に対し、“○○と思われたいから△△の自分を演じる”という部分がある。

そして他の人との仲が深まる事によって、その人は“Xはこういう人間だ”という「自分」が作り出される。

 

他人が抱いている「自分」。

自分が抱いている「自分」。

自分が演じている「自分」。

どれが本当の自分?

 

八重樫太一の返答と永瀬伊織の決心

*ネタバレ有り*

 

伊織の悩みに対し、太一(本作の主人公)は答える:

“どれも永瀬伊織だろうが!” ココロコネクト第5話

 

屁理屈だとも言われるが、一理ある。

人間という生物はいくつも顔を持っている。

そしてそれらを使いこなして生きている。

(その中で顔・仮面が多い人と少ない人は存在するが)

 

この顔・仮面というものに相反するものもあるという点は重要だと思う。

僕らの生活でこれを自分、そして相手に対して自覚するだけで変わる事もあるだろう。

 

 そして伊織が最終的に行き着くのは:

“うまくやる事が人生の目的じゃない。

…でめえの人生なんだから、勝手に好きに生きとけば良い。

それで良いんだ。”ココロコネクト第17話

 

いろんな「自分」を受け入れた事でふっきれる事ができたのだ。

そして感情に素直になり、直感で生きる事にした。

 

まとめ

 

「自分」は単体のものと考えてしまうと思う。

だが実際そうではなく、多様なのだ。

 

人間の脳とは簡略するのが好きだ。

情報量をなるべく少なくするための働きだ。

だから僕らは物事を型にはめたがる。

 

だが型にはめたものが真実なのか?!

その型は事実の一部であっても、真実ではない。

 

だから友達や家族を型にはめ、

友達・恋人・家族がその型に反した行動を取ってもそれを怒らないようにしたい。

だって“その人はこうだ”と決めているのも自分なのだ。

型にはめるのは偏見へとも繋がっているのだ。

 

もっと自由に考えたいものだね。

でも脳がそれをさせないならせめて自覚していたいものだ。

 

そして「自分」に対しては、“自分はこうだ!”(単体)と考えず、

伊織が行き着いた、“もっと楽に”(多様なのだから)という考えに同意する。

 

 

 

 

 

 

アプリゲーという闇

今日は(と言っても久しぶりなのだが)、記事から採ったものはない。

題材は:

 

アプリゲームを始めてない人は始めないで!!

~アプリゲーは闇だというhamuhamukunの理由、そして嘆きとは!?~

 

でもまずはアプリゲーをよく知らない人に向けて軽く説明する。

(知ってる人は「問題視する点」まで飛んでオッケー!)

 

アプリゲー

それは無料。

 

だからダウンロードしてしまう。

友達もやってるし。

 

でも一回ダウンロードしたら終わり。

中毒と同じ。

 

もっと欲しくなる。

毎日欲しい。

 

そして、抜け出せなくなる!!

 

アブリゲーにハマル理由
  1. 面白い!!無料なのにレベル高いのだ。hamuhamukunも始めた頃の時期は“アプリゲームすげえ!”となり、15個くらい同時にやってた。
  2. 友達もやってる。基本ソーシャルゲームだから友達と戦ったり協力したりできるのもある。それがなくとも、単に強いキャラで競い合い、闘志を燃やせる!
  3. 定期的にイベントが多くて、常に変わってる!
  4. ログインイン ボーナスとデイリーの課題で報酬ゲット!

 

上記に潜む闇
  1. 無料である。が、課金もある。そしてその値段が半端ない。10連ガチャをまわせるほどの課金となると、通常のゲームを2、3本買えてしまう。
  2. 友達とやる以上、良いキャラが欲しい!となる。そして課金にはしる人も少なくなかろう。
  3. イベント報酬は魅力的であるのが基本。そしてイベントの期間はゲームによるが、鬼畜なのは一週間に何百回もまわらないと取れないゲームもある。
  4. “毎日かかさずプレイせねば!”という気持ちにさせられる。

 

問題視する点

では本題に。

 

“問題視するのはどうせ課金だろ”と思っている人もいるだろう。

 

いや、違うよ。

課金の値段は確かに頭おかしいと思うが、課金する人はもちろん必要。

アプリゲーもビジネス。

 

課金する人がいないとそのゲームは配信終了となる。

課金勢を馬鹿にする無課金勢がいるが、そういう無課金勢も充分バカ。

課金する人がいるから成り立ってるゲームなのだよ。

 

ではhamuhamukunが問題視するのは何か。

それは時間・束縛。

 

「上記に潜む闇」で挙げている1点目を除けば、他はすべてこれに繋がる。

ログインする→デイリー消費する・イベントをまわる。

そして友達・ゲーム内の友達につられて“もっと強くならなきゃ!”と思い、遊ぶ頻度も増え、課金もするかもしれない。

 

アプリゲーをいくつかやっている人も少なくはないと思う。(hamuhamukunもその一人だった)

すると、他のもログイン、デイリーくらいは消費しようとなる。

 

でもさ、この時間ってたいしたものに繋がらないじゃん。

ここで、“他のゲームも時間は消費するじゃん”

と思っている人もいるでしょう。

 

うん、通常のゲームも時間を無限に消費できる。

でも“毎日遊ばなきゃ”って思わせて、気付いたら外でも中でもゲームをやってるという状況に引き込ませるのがアプリゲーの怖いところ。

 

具体例を挙げると、つい一週間前までのhamuhamukunの平日はこんな感じだった:

(携帯で三つ、iPadで二つやってた)

 

起きる→アプリゲーを開く→食べながらアプリゲーをする

仕事に向かう電車でアプリゲー

仕事

休み時間にアプリゲー

仕事

電車を待っている間にアプリゲー

電車でアプリゲー

帰ってiPadのアプリゲー

自由時間

 

書き出してみるとひどい。

一日の大半がアプリゲーで埋め尽くされてるじゃねぇか!!!

 

やってる人には是非、書き出してみて欲しい。

びっくりするし、虚しくなるよ。

 

瞬間的な快楽を得るために時間をものすごーく消費する。

それを無意識的にさせるアプリゲー。

本当に恐ろしい!!!

 

最後に

hamuhamukunはアプリゲーを卒業..

してないでーす。

 

まだ囚われの身!

 

でも5→1にはした。

少なくとも2時間は他のものに費やせるだろう。

なら、ゲームキャラ育成ではない、自分育成に使おうではないか!

 

と思うものの、

まだ一つ残ってるよー。

 

完璧なる卒業をしなきゃいけない。

でもそれにはまだ時間がかかりそう。

ほんと、アプリゲーの中毒性やばい!!

 

最後にまた言わせて。

アプリゲーを始めてない人、手を出しちゃダメ!!!