読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南ドイツ、ローテンブルグに行ってきた!

ドイツ 感想 旅行 海外 観光

ミュンヘンから行ったんだけど、これねぇ、遠いよ!!

行き乗り換え4回、帰り3回。

片道3時間30弱!!あわわー、泡ふくレベルだぜー

 

その日の朝に“よし、ここ行こう!”ってなったから行ったが、普通に計画立てるなら外すよね。笑

でもね、行って良かった!!

正直、次の日に行ったノイシュヴァンシュタイン城より良かったと思う。

 

Rothenburg ob der Tauber

ロマンティック街道に属するローテンブルグ。

可愛い感じの家と街並み。

f:id:hamuhamukun:20170301080500j:plain f:id:hamuhamukun:20170301080559j:plain 

そして市壁に囲まれている!!

進撃の巨人の調査兵団が帰ってきそうだ!

(実際こんなとこから帰ってこないし、舞台はネルトリンゲンと言われているが)

f:id:hamuhamukun:20170301081635j:plain f:id:hamuhamukun:20170301081707j:plain

この市壁を駆け回るのもわりと楽しかった。笑

で、ここでちょっと歴史を挟もう。

 

第2次世界大戦時、この街は空爆を受けている。

その際、300以上ものの建物が壊され、壁も600m以上崩された。(全体の約45%)

完全に破壊されてもおかしくはなかったが、アメリカ長官が降伏するよう話し合いに行き、そこに配属されていたドイツ軍守備隊長はそれに応じたのだ。

 

再建の寄付は全世界から寄せられ、市壁に寄付者の名前が貼られている。

日本からも意外に多かった。

面白いのもあるぞー。例えばこんなの:

f:id:hamuhamukun:20170301085358j:plain f:id:hamuhamukun:20170301085424j:plain

年代も随分違う。

 

中世犯罪博物館

友達が“拷問ミュージアム 、拷問ミュージアム”言うからそうなんだと思ってたけど、犯罪ミュージアムだったのね。

“拷問。。うわー、後味悪そう”とか思ってたけど、けっこう面白かった!

 

ただし、やっぱ拷問の部分は胸糞悪かった。

何がって、拷問の目的が自分は罪を犯しましたって吐かせるためってとこ。

ようは冤罪でも積んでる。

認めなければ拷問はやったと証言するまで続くし、やったと言えば死刑が与えられる。

もちろん、拷問中死ぬものも少なくない。

何が法だ。

 

ただ面白かったのが、犯罪に対する処罰。

その中でも興味深かったのが恥辱刑。

 

ようは公共の場で笑いものにする。

目的は犯罪を繰り返さないようにする事。

社会の中で暮らす人間にとっては以外に効果的かも。

(小さい街なら尚更)

 

そしてやり方も様々。

f:id:hamuhamukun:20170302062905j:plain f:id:hamuhamukun:20170302062552j:plain

 右の写真の、前方で樽に入っているのと首かせをしているのが一部の例。

あとこれね。

f:id:hamuhamukun:20170302063218j:plain f:id:hamuhamukun:20170302063143j:plain

様々なお面があり、男性用、女性用と分かれていたりもする。

これを付け、立たされたらしい。

ちなみに一番左が女性用。

センス良いのもあるよねー。笑

 

あと一つ非常に面白かったのが死刑執行人の事。

まずマントを羽織り、仮面を被る。

f:id:hamuhamukun:20170302063612j:plain f:id:hamuhamukun:20170302063635j:plain

マントはまあ、わかるとして、何故お面を被るか!?

中世では悪魔や呪いが存在すると思っていた。

で、死刑を言い渡された人は処刑場にて、表情で呪いをかける事が出来ると信じていたのだ。

 

だからこのお面は自らを守るためのもの。

姿形はまた様々でこれはその一例。

また、死刑執行人は呪って欲しくないという想いから、必ず許しを請うていたという。

 

まとめ

めちゃめちゃ遠いものの、行って良かった!!

可愛いし、すべてが新鮮だった。

おすすめの街です。